忍者ブログ
日常日記

2020-02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルおかしくてごめんなさい

7月に食物アレルギーが血液検査でわかってから

紆余曲折の末、やっと先週食物アレルギーについて

まともな診察を受けることができました。

元々は別件で7月に、総合病院の皮膚科を受診して

血液検査をしてもらって食物アレルギー発覚

「エビ、カニ、大豆、牛肉、サケ」が

クラス2でした。

近所の小児科、皮膚科で経過観察となりました。

だけど・・・

どちらの病院も薬は出してくれるし、話もよく聞いて

もらえるけど、なんだか頼りない

先生によって、食物アレルギーの考え方が違い過ぎて

除去についても、結構曖昧な指示でした。

少し前の記事と前後するんですが、

例えば1つの例ですが、

小児科では醤油はダメ、皮膚科では醤油はOK

他にも小児科と皮膚科で除去について違う指示が出てました。

その曖昧さがお世話になっている保育園や託児所で問題に

なってしまいました

血液検査の結果(7月末)からずっと曖昧なままやってきてて

詳しいお医者さんに診察してもらいたいなとは思ってたけど

主人が春から冬前まではかなり忙しいのもあって、時間が

できたときに専門(もしくは詳しい)病院に行こうと

口コミなどで有名な病院、よく名前の挙がる病院に

問い合わせたけど、「1か月待ちです」って言われて

私達の予定がたちません

主人がそもそも明日の予定がわかっても明後日の仕事の予定が

全くわからない。

わかっても1週間先までなんとかわかるかわからないか程度

私1人ならいつでも行けるし待ち時間何時間でも待つんだけど・・・

1歳児連れて一人で公共交通機関使っては私には無理

近所の小児科で相談したら

紹介状を書いてくださって1週間先だったけど、なんとか主人も都合が

つく日があったので10月末に受診することができました。

小児科の先生に

「保育園からも大豆のことで相談の電話があったので、お母さんもご心配

でしょうし一度受診されてみたらどう?」と言ってくださったので

助かりました。

近所の小児科には本当にお世話になっているので、こっちから先に

言い出すのは正直怖かったけど、先生から先に話をしてくださったのが

救いでした。

総合病院の小児科・・・相当混雑してました。

予約で行ったけど待ち時間覚悟で行ったのに時間よりかなり早く

呼ばれて、よく話も聞いてくださいました。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
最新TB
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様