忍者ブログ
日常日記

2017-10

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋きゅうりの種は種袋に”病気に強い”の表示がある

全国区の有名なメーカーさんの種を使用したのですが、

残念ながら次から次へと病気にかかりまくりです(+_+)

秋きゅうりの第1弾は、9月初めのゲリラ雷雨によって飛ばされ

その後に病気多発→廃棄処分。

続く秋きゅうり第2弾も、前回と同じような症状がでる始末。

9/9、9/11、9/17と秋きゅうりの種まきをしました。

↓プリポット、プランター、畑、ミニポット、ジフィーにまきました。↓



↑3枚の写真とも9月25日前後の様子。
この時点では問題はありませんでした。

↓9/30に気が付きました。↓

前回と同様の症状が出てしまいました。
疑わしい病気は、べと病・炭そ病・褐斑病・斑点細菌病。

家にあったSTダコニール1000をまいたところ症状が落ち着きました。
斑点細菌病だったらまた別の薬を購入するところでした。

今日また、落ち着いたはずの株に似たような症状が出始めてしまいました。

もう薬を使いたくない(+_+)
これ以上広がるようなら、株を抜いて秋きゅうり終了
になるかも(ー_ー)

疑わしい病気が複数あるのもなんだかね・・・。
この4つの病気、似たような症状だったり間違えやすいらしくて
素人には判断が難しい。
多分、べと病ははずれるかな。
炭そ病、褐斑病、斑点細菌病の3つに素人の私は疑いをかけてみた。


斑点細菌病だったら嫌だな。
農薬登録切れたビスダイセンならあるけど、期限内であっても
複数の薬まくのに抵抗あるemoji

PR
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
最新TB
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様